コストコに行ったら絶対食べたいホットドック☆人気の理由まとめ

ホットドックとは?

コストコで人気のホットドッグ。まずはホットドッグの歴史について簡単にご紹介します。

出典: baked-berry.com

細長いパンにウインナーを挟んだ食べ物をホットドッグと言いますが、意外にもホットドッグの起源はドイツであり、19世紀の後半にドイツ移民がアメリカに持ち込んだのが始まりとされています。

アメリカでのホットドッグの位置づけは、日本人のインスタントラーメンのようなものだそうです。アメリカ人はホットドッグを1人あたり年間60本、大体1週間に1回は食べている計算になります。アメリカ=ホットドッグと言われる所以ですね。

アメリカ人のホットドッグ好きは筋金入り。その証拠にホットドッグの有名店ネイサンズ(Nathan’s Famous)では毎年ホットドッグの早食い大会を開催しています。この大会では過去に3名の日本人が優勝を飾りました。その中でも、フードファイターの小林尊さんは2001年から6回連続で優勝しています。

こういった大会に日本人が参加するということは、日本人にとってホットドッグが身近な存在ということでもあります。だからコストコのホットドッグも日本人に人気なのでしょうね。