正しい髪の乾かし方をマスターすれば、あなたも憧れの美髪の仲間入り♡

ヘアケア商品を使っているのになかなか髪がキレイにならない!という人いませんか?それは、自分のお手入れが原因かも。濡れている髪は、無防備な状態なのでケアがとっても重要なんです!普段のヘアケアをもう一度見直して、あなたも髪美人に仲間入りしましょう!♡

美髪になりたい!

出典: weheartit.com

せっかく可愛い髪型やヘアカラーでも、毛先がごわごわだったり、天使の輪が見えない髪の毛は印象がダウン。髪がキレイな女性はやっぱり永遠の憧れ♡男女ともに髪が綺麗な人はつい見ちゃいますし清潔感を感じるものです。

出典: weheartit.com

髪のケアはちゃんとしているつもりなのに、綺麗にまとまらない!こんなに気を使ってるのに…。そんな人はもしかしたら乾かし方が悪いのかもしれません。お悩みの方に髪の毛の乾かし方を伝授します。今まで悩んでた方もこれで美髪になれるかも♡

①タオルドライ

出典: weheartit.com

髪も肌と同じで、素早いケアが必要なのです。濡れた状態で放置をするとどんどんダメージヘアになってしまいます。髪が濡れていると、キューティクルが開きます。その状態でごしごしタオルで擦ると髪を傷めてしまいます。

1.頭皮を優しく拭くタオル全体で頭を包み込み優しく拭きます。揉むように優しく、タオルに水分を吸収させるイメージです。2.毛先をタオルでぽんぽんする先ほどと同様、優しく水分をタオルに吸収させるイメージでぽんぽんして下さい。ぎゅっと絞るのは毛先が傷んでしまうのでNGです!正しいタオルドライを行うことで、美しい髪の毛を手に入れる第一歩になります◎

間違っても、力強く絞るようにして拭くのは厳禁です。過剰な力がかかるとキューティクルを傷つけてしまうので、あくまで優しく、軽く、水分を吸収させましょう。

出典: xn--eckwdtdsa1h503t2e6b.jp

②ドライヤーをする前に

出典: weheartit.com

ドライヤーを使う前にヘアオイルを使いましょう。熱からの直接のダメージをふさぎ、髪につやが出ます!乾かす前に塗るだけでサラサラでつやつやに♡根本はダメージが少なく、オイルを塗ってしまうとテカって見えるので注意が必要です。

オイルは、「保湿力が高い」、「蒸発しにくい」 油であることを意味し、髪や肌を長時間しっとりと艶やかに保つ効果に優れている油ということになります。

出典: skincare-aid.com

出典: prcm.jp

1.少量のオイルを手の平に出し両手に馴染ませる2.髪を優しく揉むように、内側からオイルを馴染ませていく3.次に毛先を重点的に馴染ませ、全体にも揉み込むつけすぎはベタつきの原因になりますので、必ず分量を守りましょう。

■おすすめのヘアケア商品

ロレッタ ベースケアオイル 120ml

¥1,200

天然ローズの香りが癒やされます。風でふんわり香るので男性ウケも良し◎サラサラで艶のある髪の毛に導いてくれます。見た目も可愛いので、どこに置いておいても邪魔になりません。少量でまとまりやすい髪になりますよ。

サイトで詳細を見る

ミルボン ディーセス エルジューダMO 120ml

¥1,757

美容室でも見かけるミルボンは人気です。バオバブオイル配合なので、固い髪の毛も柔らかくしスタイリングが上手にできます。特にパサつきが気になる人は効果を実感しやすいかもしれません。何種類かあるので髪質に合わせお試し下さい。

サイトで詳細を見る

モロッカンオイル オイルトリートメント

¥4,000

美容師さんで愛用してる人も多いモロッカンオイル。べたつきが少なくさらっとしていて使いやすいです。ムスクの香りがとってもいい匂いでリピーターも多いです。テクスチャは固めで、少量でしっかり潤うのでコスパも良いですよ。

サイトで詳細を見る

③ドライヤー

■気をつけること

出典: favim.com

髪とドライヤーを近づけすぎないことが大切。熱のダメージを少なくします。熱を当てすぎると髪の毛が死んでしまいます。遠くからでも充分乾く熱量なので気をつけましょう。頭皮からしっかり乾かすこと。頭皮を濡らした状態で置いておくと雑菌が出てくるかも。所々髪をかき分けて乾かすことが大切!

髪の毛を乾かす時は、部分部分ではなく全体にまんべんなくドライヤーの風を送るようにして下さい。一か所に集中しすぎると、髪の毛に負担が掛かってしまいます。

出典: www.firearmstruth.com

出典: weheartit.com

乾かすときに髪をパサパサ手で動かしていませんか?髪を動かすと摩擦が生まれ、髪にダメージを与えることに。動かすのはドライヤーの手だけにしましょう!同じ場所は3秒以上あてないことが大切です。ゆらゆらと1カ所に集中しないように、力を抜いて当てましょう。

髪を完全に乾かしてしまうと、水分が失われて、パサつきの原因になります。8割をドライヤー乾燥、2割を自然乾燥にしましょう。

出典: www.saloncozy.jp

出典: weheartit.com

ドライヤーを当てる角度も大切です。だいたい髪に対して30度がベストです!髪を乾かすのは8割程度。100%乾かしてしまうと髪に残った熱があるので、オーバードライになってしまいます。意識しながら乾かしましょう◎

■前髪

出典: prcm.jp

前髪をふんわりさせたいけどやり方が分からないって方も多いはず。前髪は雰囲気を左右しますし一番気になりますよね。パックりと割れてしまったり、真っ直ぐにならなかったり。基本の乾かし方を覚えていれば簡単にセットできるようになりますよ◎

1.まずは前髪にスタイリング剤を馴染ませます。ない場合はお水で前髪を湿らせましょう。2.ドライヤーを前髪から15cmほど離し、1番熱い温風を強い風量であてます。ポイントは、頭皮を狙って右から左へ風をあてていく事です。3.右から左へ風をあてたら、次は左から右へ風をあてます。そうすることで癖やうねりがなくなり、髪が真っ直ぐになります。4.ふんわりさせる為、前髪を上下の層に分けブローしていきます。上半分はクリップで固定し、下半分をブラシにとり、内側に円を描くように伸ばしながらブローします。5.下半分が終わったらクリップを外し、上半分もブロー。更に上下を合わせて前髪全体をブラシに取り、優しくブロー。ロールブラシを使うと、ふんわり感が出しやすいです。

■ボブヘアー

出典: prcm.jp

ボブは可愛いのですが、ハネたりクセが出やすいスタイルですよね。そんなボブヘアーをハネずに綺麗に内巻きにするブローの方法を紹介します◎特にレイヤーが入っていたり、髪をすいていると裾が髪に押されハネてしまうそうなんです。ドライヤーする際のコツは髪の根元を意識することだそうです。

出典: prcm.jp

1.後ろに向かっているクセを前に持ってくるイメージで乾かす。顔を下に向けて、髪を下向きに引っ張っります。そして根本にドライヤーの熱を当てます。これをほぼ乾くまで全体にやります。2.逆の手で内側から乾かす。内側から猫の手をしながら手首を回転させるイメージです。3.後ろもサイドと同じ容量で乾かします。こうすることで内側から立ち上がって丸みがつきます。

【永久保存版】ボブをハネさせないで綺麗に内巻きにする乾かし方。

【永久保存版】ボブをハネさせないで綺麗に内巻きにする乾かし方こんにちは。airの豹柄の人こと中村です。た…

■パーマ

出典: prcm.jp

ドライヤーをすると熱でパーマがとれてしまうのでは?と心配になります。しかしパーマをかけた髪の毛を自然乾燥させるのは、髪に更にダメージを与えることになります。濡れた状態はキューティクルが開きっぱなしになってしまいます。正しい乾かし方でパーマを長持ちさせましょう。

出典: prcm.jp

1.まず根本をひたすら乾かします。7割ほど乾かします。ポイントは、風を上から下に。キューティクルが閉まり広がりにくくなります。2.中間から毛先にかけ手ぐしで引っ掛かりをとります。カールは伸びてしまってもあとで出せるので、次にパーマがかかってない根本から中間をブローします。毛先から手のひらに乗せて持ち上げ手の中で温める感じです。3.熱くなったらドライヤーはずして少し冷まします。

美髪に近づけること間違いなし!

出典: weheartit.com

ちょっと手間をかけるだけで、あっという間に美髪に。いつものドライヤーの時間に少し気をつけて乾かすだけでいいんです!ごわごわでツヤのない髪にさよなら。毎日ケアしてツヤツヤの髪を手に入れましょう♡

Published

Updated

Author

admin